猫の運搬はどうすればいいの?

猫と一緒に引越しする方法


ペットの中でも、小さな入れ物に収まってしまったり、犬のように自分の車に一緒に乗せて連れていけるものでしたら問題も少ないのですが、それが猫の場合はストレスの問題があります。


何故かと言えば通常家にいて、犬のように散歩も必要ないですし、体調が悪くて動物病院などへでも連れて行かない限り、家から外に出ることがありません。


室内飼い以外で外にも出入りする猫でも、自分が通常住んでいる範囲以外への移動となると、これが問題になります。
昔から言われているように、犬は人間に付き、猫は家に付くと言われる所以でもあります。


この動物は、家に居付いてしまう習性があるので、家から離れると不安で暴れてしまうのです。

ともすれば、飼い主でもお構いなく引っ掻いたりして、怪我を負いかねません。
そんな理由で猫は移動を嫌がるので、車に乗せると暴れてしまうのです。


それではどのように運ぶのでしょう?

通常動物病院などへの移動では、専用のケースを使いますが、長距離になる引越しでは動物に無理が掛かってしまいますのでお勧めできません。


ですので、
大きめのダンポールを用意して、中に日頃使い慣れたタオルや敷き物を敷き、万が一、中で粗相をしても、オシッコなどが外に漏れないようにして中に入れます。



ダンボールにする理由は、外が見えないようにするためで、なるべく運ぶ時の震動が伝わらないような場所を選んで、そっと置きます。


ニオイのあるものを忘れずに

移動時や新居など慣れない環境で猫にストレスを与えてしまわないように、猫が普段使っている布やぬいぐるみを段ボールの中に入れておいたり新居先に持っていくようにしてください。自分のニオイがするものがあるとストレスを軽減することができます。

移動する時は、箱の中でも安心していられるように、時々声をかけてあげます


無事、引越し先についたら?

猫は新居におびえているので、慣れるまでは運搬中に使用した段ボールで秘密基地のような場所を作ってあげると安心します。そのときに猫のニオイがするものを入れておくとより安心します。


引越し先での作業中は隔離しておく。

新居では、搬入や人の出入りが終わるまで猫をどこかに隔離しておいてください。一番いいのが浴室に入れておくことです。浴室なら搬入や人の出入りがありませんからね。
その際は猫のニオイがするものやトイレ用の砂場を入れておきましょう。また換気扇をつけておくことも忘れずに。

新居先に慣れるまでの時間は?

新居先での作業が終わったら猫を解放しましょう。大体2週間程度で新居先に慣れてきますので、それまでは下痢やおう吐、水をいつもより飲んでいる、食事を摂らないなどの猫の変化に気を遣ってください。なかなか新居に慣れなくても無理を強いらずに猫のペースに任せて見守りましょう。

 

サイトマップ