引越し祝い

失礼のない贈り物とは?

身内や会社関係、また友人などに贈る引越し祝い。相手によって異なる金額の相場や、どのようなものが喜ばれるのか、またどのようなものが縁起が悪くタブーとされているのか、など色々と悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。


まず金額としては、
親しい友人や知人、会社の同僚なら、転勤なら3000円〜5000円程度、新築祝いなら5000円〜10000円程度が一般的です。

親族の場合は、転勤で5,000〜10,000円ぐらい、新築祝いで30000円〜100000円ぐらいが相場です。


関係の濃い人に1000円程度のものを持っていくと失礼ですし、関係の薄い人に100000円持っていくと逆に引かれてしまいます。金額はその人との関係の濃さで調整してください。


次に気になるのが、何を贈れば喜ばれるのかということですね。

引越しということでインテリア関係の時計や観葉植物、ラグや雑貨などがお勧めですが、これは相手の好みがわかっている場合です。


どうせ贈るなら気に入って欲しいのはもちろんですが、こればっかりは人によってセンスが違うので難しいところです。


一番は相手に希望のものを聞くのがベストですが、親しい間柄でなければなかなか聞きにくいですよね。


そこで、引越し祝いでもらって一番うれしいものは?

色々と物入りの時期だけに一番もらってうれしいものは商品券・ギフト券・カタログギフトです。ちなみに二番目は現金です。高額であれば現金の方が喜ばれますが、そうでもない場合は商品券・ギフト券の方が受け取りやすくて喜ばれます。


ただし
昔から目上の人には値段のわかるものを贈るのは失礼だという礼儀もあるので、相手をよく見て注意深く選んだほうが良さそうです。


逆にもらって一番困るもの

引越し祝いで一番困るものが置物です。好みが違ったり置く場所に困るのが主な原因です。ちなみに二番目に困るのが食器で、これも趣味・センス・好みが違うが原因になるため、趣味やセンスに左右されない贈り物を選ぶようにすると喜ばれます。

また、その他の
祝いとしては縁起が悪いもの、特に新築祝いを送る際にタブーとされているのは、に関係のあるものです。

灰皿、コンロ、ストーブ、また普段ならギフトとして最適なお香やアロマキャンドルなども含まれます。

この他にも、家の崩壊を連想させる「傾く」や「倒れる」などと関連するモノや話題はタブーなので覚えておきましょう。


また、新築を訪問する場合は、いいところだけを褒めるようにしてください。


色々な決まりごとを面倒に感じてしまう人もいるかもしれませんが、一番大切なのはお祝いする気持ちです。

無難に一般論だけを並べてしまいましたが、
相手が何を喜んでくれるかを考えて心をこめて贈れば、きっと喜んでくれるでしょう。

 

サイトマップ