引越しの内祝いについて

引越しで頂いたものに対してお返しすることが引越し内祝い。


内祝いとは本来、自分のところでお祝いごとがあったので、その喜びの気持ちを形にして、一緒に喜んでいただこうというのが内祝いです。

しかし現在では、頂いたお祝いのお返しという形になってきました。



頂いた引越し祝いの内祝いですが、一般的には新しい家にお招きしておもてなしすることです。



送り主とのお付き合いの深さにもよりますが、カジュアルな関係ならちょっとしたランチとお菓子で構いませんし、気を使う相手なら気を張った夕食をご馳走にすることもあります。


距離的に遠かったり、お招きができない場合などには、何か品物を贈ることになります。

引越し後、1?2ヶ月をめどに頂いた金額の半分から3分の1の金額の品物をお返しするのがマナーになっています。


頂いた方にお返しする内祝いについては、

・履物(踏みつけるの意)、
・下着(生活に困っているように受け取られる)、
・緑茶(仏事によく用いられるため)、
・刃物(切れるため)

などが以前からタブーとされてきましたが、最近のマナーではあまり厳しくなくなってきました


刃物などは未来を切り開く、という意味で、逆に喜ばれることもあります。

しかし、贈る相手が昔からの伝統を守る方だったり、旧家の方の場合にはそのような品物は贈らないほうが無難です。

一般的には石鹸や和洋菓子など消耗品や食品にすることが多く引越しした先の地域の特産品を贈るのも喜ばれます。


のしには、紅白の蝶結びの水引に、表書きは新築内祝、内祝と書いておけば大丈夫でしょう。

 

サイトマップ