引越し 赤帽

赤帽は荷物も少なく、距離も近ければ引越し代金節約の強い味方

引越し料金を安くするためには、赤帽への見積もりも必要不可欠です。


赤帽は基本的には荷物も人も運べるタクシーのようなもの、
ですから助手席に同乗OK、ペットも一緒にOKの業者さんもいらっしゃいます。


車の積載量は350kgまでとなっていますが、
軽トラでも荷物は以外に積めるものです。


例えば、これぐらいの荷物量なら

・シングルベッド(約55kg)
・布団セット(約3kg)
・液晶テレビ37インチ(約12.5kg)
・デスクトップパソコン(約10kg)
・パソコンテーブル(約22kg)
・2ドア冷蔵庫(約34kg)
・洗濯機(約36kg)
・掃除機(5kg)
・ダンボール6箱(約30kg)

計207.5kg

重さで計算する分には結構な量が乗りますし、

赤帽のトラックの見た目は小さいのですが、荷台は大きく、奥行き約190cm、幅約140cmほどです。
(荷台の奥行き・幅の長さはセミダブルベッドと同じぐらい)


しかし、
基本的には軽トラ1台、運転手1台なので、
大型家具を沢山運び出さないといけないとなると、
お手伝いも必要になりますし、


女性だけのお引越しや、荷物量の多い家族でのお引越しは大変かもしれませんが、


そういった場合でも、
赤帽を2台頼んだり、近距離なら往復してもらうという方法を取られる方もいらっしゃるようです。


肝心の料金の方ですが、
こちらが、少し分かりづらく
3つの料金制度で形成されており

引越しで赤帽を利用する場合はこちらの料金が適用されると思いますが、



超えた場合は、下記のどちらを適用するのかの詳細は分かりませんので、見積もり時にでもお尋ねください。



距離制運賃料金は、荷物を運んだ距離に応じて計算される方法で、積み下ろしにかかった時間は別途頂戴。



基礎走行距離を越えた場合は、距離制運賃料金を適用

時間制運賃料金は荷物の運搬と積み下ろしにかかった総時間で計算される方法。





また、これは仕方ありませんが、
遠距離引越しの場合は、往復代や特別料金をお支払いしなければいけない場合がありますので、

もしかしたら、帰り便で上手く日程を合わせれれば、料金を安くしてもらえるかもしれません。


私個人の感想としましては、
大きい荷物も少なく、近距離の単身者向け引越しならきっと、引越し代金節約の強い味方になってくれるはずです。


>>赤帽とどっちが安い?引越し一括見積もり

 

サイトマップ