引越し 自力

単身なので自力で引っ越したい。

引越しにかかる費用もバカにならない!

自力で引越しをするのなら、車だけなんとかタダで手配出来れば、後はガソリン代ぐらいのもの。

という考えから、私が実際に市内間の引越しを自力でしてみた体験談(単身)です。


車は知人に2tトラックの平ボディを借り、市内間の引越しで移動時間30分ぐらいで、かかった料金は500円(ガソリン代)。


荷物と積み込み方法は、


荷物 積み込み方法
・テレビ
・テレビ台
・オーディオ機器
テレビやテレビ台はそのままトラックの荷台へ
・小型冷蔵庫 冷蔵庫も水抜きなどせず、積み込み時に電源を抜き荷台へ
・書籍
・食器
食器は衣類にくるみ段ボールへ梱包
・衣類 上記で残った衣類は袋にまとめて
・布団一式 布団は下にダンボールを敷きそのまま
・風呂周りトイレ周り一式 他の荷物が汚れると嫌なので、荷台で放して積み込む



ちょっと傷が付いたって気にしない、多少壊れても目をつぶるのであれば、
自力でのお引っ越しも出来ない事はありません。


ただし、注意点もあります。

・屋根なしタイプのトラックだと、雨天決行は難しく、ブルーシートを荷物の上にかけても水もれします。
(天気予報は忘れずに確認する)


・荷物に割れ物や、精密機器(パソコンや液晶テレビ)が多い場合は、
運転中、道路の段差に注意し、出来るだけゆっくり走る。(データが飛んだり、液晶パネルが割れる事があります。)


・屋根の無い平ボディータイプの荷台は、軽い荷物が飛んでいかないようにと荷崩れを防ぐため、ビニールシートをかけロープで縛る。


・乗った事のない大きい車やミッション車に慣れていない方は、レンタル会社に試運転させてもらえないか聞いてみる。


そしてもう一つが、
自力でのお引越しの場合、車の料金が引越し料金の大半を占めるので、ここをどうするか?です。


・トラックを持っている知人がいれば作業+運搬を手伝ってもらう。


・レンタカーを借りるのであれば、ワンウェイシステムを利用する。
車が小さすぎると荷物が乗らないので要注意です。


・レンタカーのような時間制が気になるのであれば、
1日単位で貸してくれる重機専門のレンタル会社やトラックレンタル会社に夕方ごろ向かい、
明日利用するので料金を明日から分にしてもらい、荷物を夜から積み込み、朝出発する。


私のように荷物が少なく距離も違いのであれば、なんとか自力でも引越しできますが、
感想としましては疲れだけでなく、以外にストレスが溜まるものです。

運転中に荷物が壊れていないか?この先も運転中に荷くずれは起きないか?など、自力ならではの心配事が出てきてしまいます。

そういった悩みは、業者に頼めば気にしなくなりますし、プロに運んでもらう安心感もあります。

昔に比べると引越し料金も分かりやすく、安くなりました。

理由は、
この引越し業者の料金比較サービスが出来たからです。

参考にしてみてください。

クロネコヤマトも参加中の一括見積もりはここだけです。

 

サイトマップ