本 荷造り

本や書籍の段ボールのサイズはどれぐらい?

本や書籍の荷造り方法は、平積み(縦ではなく横にして)で詰めて行きます。


大切な本を傷めないために、すき間が出来ればクッション材を入れ、運搬時に動かないように梱包するのが基本です。


大きいサイズの段ボールに本を詰めると、大変なことになりますのでご注意ください。


試しに、
この大サイズの段ボールに本を詰めて重さを測ったところ、
30kgオーバーです。



なんとか持ち上げることは出来ても、持ち運べなければ、後々大変です。

(大サイズの段ボールに本を半分だけ入れる方法もありますが、デメリットとして荷物の体積が増えます。)

(大サイズの段ボールに本を半分だけ入れ、残り半分に衣類を入れる方法もありますが、デメリットとして引越し先で探し物を見つけるのに苦労します。)



本や書籍を入れる場合は、次の中サイズぐらいの段ボールがちょうどいいと思います。



重さを測ったら16kgだったので、男性ならこのぐらいが丁度良いと思います。


3辺の合計(深さ+縦+横)が100cmで入る本の量は、
・コミック本で60冊程度
・雑誌で30冊程度
・辞書は20冊から25冊程度が目安です。



もし、女性だったり、もう少し軽くしたい場合は、3辺(深さ+縦+横)の合計が100cm以下の段ボールを選びましょう。


引越しでは、物を処分するいい機会ですが、
本やDVDを売るのであれば、ネット買取も便利なものです。


私も、以前お願いした事がありますが、結構なお値段で買い取ってもらえました。


『買取専隊エース』
ダンボール無料


本やDVDだけでなく、家電の買取も行っていますし、
宅配キットももちろん無料です。



さて、次は持っている方なら大変なレコードの荷造りです。

祝600万件突破!安い会社をしっかり比べる

1、現在住所  -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ



 

サイトマップ