引越し 荷作り

引越しは荷づくりが一番大変なのです。

お役所やライフラインは引越しの2週間前から行えますので、まずは荷物の梱包から順にはじめて行きましょう。

引越しの梱包で必要なものは、大体以下の通りです。





梱包の順番は、押し入れにあるもの・普段使わないものから順番に段ボールに詰めて行くのが基本です。


もう読んでいない本とか大量にありませんか?
着ていない洋服とかもあるはずです。

例えば、
冬なら夏服を段ボールにまとめて入れて、何が入っているのか名前を書き、もう開けない。


そういった荷物を出来ること・分かるところから、どんどん段ボールに詰めて行きましょう。


衣類は大きめの段ボールに本は小さめの段ボールに


自分で梱包できないものは後回しにして、出来ることから順番に段ボールに詰めて行きましょう。(あまり深く考えると手が止まります。)


その時に不用品にも目を付けて、いらないものも段ボールに入るのであれば、まとめて入れておきます。

不用品は、リサイクルショップに取りに来てもらえるのか?の確認や、ネットで買い取ってもらえるものがあれば、一番最後にでも参考にしてみてください。

ブランド衣類買取
『リ・ファウンデーション』
シーズン落ちのブランドバッグを賢く売って☆

賢く買おう☆リ・ファウンデーション☆





本やCD・DVDの買い取り
『NETOFF』
ネットオフの宅配買取サービス



ゴミとして出す場合も、買い取ってもらう場合もどちらにせよ、家から出さないといけませんので、まとめておきネットでアチコチ探すのは後回しです。


また、燃えないゴミはこまめに出すか、自治体に問い合わせて、取りに来てもらえるか自分で持って行くのかの検討もしておきます。
(引越しシーズンは持ち込みしか無理な場合があるので早めに行動する。)


ある程度の荷物量も分かり、自分で全部梱包するのがきつい場合は、引越し業者に手伝ってもらうことも検討してみましょう。

>>引越し一括見積もり


引越し業者が決まったら、

自分で梱包出来ない荷物や、当日までに出てしまった不用品やゴミの始末も聞いておき、
タンスに入っている衣類も、全部出して梱包しないといけないのかも聞いておきましょう。

本や割れ物などがタンスに入っているのなら、こちらは全て段ボールに梱包します。


押し入れやタンス・寝室の梱包がある程度片付いたら、次はキッチン周りもやってしまいましょう。

使っていない鍋やお皿などもあると思いますので、そちらもまとめて段ボールに詰めて行きます。

>>割れ物食器の包み方

冷蔵庫の中身にあるものも、引越し当日までに食べきれるようにしておきます。


お風呂場や洗面台・トイレの荷物は引越し当日まで使うものばかりなので、一番最後に荷造りを行うため、
空の段ボールを1、2箱は用意しておきましょう。


引越し日の2週間前に入ったら、役所に転出届を出す事や、ライフラインの手続きも時間がある時に行ってしまいましょう。


祝600万件突破!安い会社をしっかり比べれる♪

1、現在住所  -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

 

サイトマップ