引越し 梱包

風呂場・トイレ・洗面台の荷造り

お風呂場や、洗面台、トイレにある荷物は引越し当日も使うものばかりなので、空の段ボールを1,2箱用意しておいて、当日に積み込みましょう。


お風呂場のシャンプーやボディーソープは、液漏れを防ぐために、
買ったときと同じように口を閉じ、一つずつビニール袋に入れたほうが良いのですが、
それが面倒なら、バケツに入れて運ぶという方法もあります。

バケツを積み込むすき間ぐらいなら、トラックにもありますので、当日に試してみてください。

段ボールに詰めるのであれば、ポンプ式はトラックの振動で液体が漏れますので、口を閉じ、ビニール袋をかけしっかりと梱包して下さい。

風呂桶や風呂イスなどはしっかり乾かしてから、段ボールに詰めて行きましょう。



トイレの荷物は、トイレットペーパーですが、こちらは引越しの移動中や引越し先で、
すぐに使用するかもしれませんので、段ボールには詰めずに、1ロールだけでも袋に入れるなどしてご自分で運ばれた方が良いでしょう。



洗面台には、沢山の荷物があると思いますが、
ドライヤーは他の濡れた荷物と混ぜて梱包してしまうと故障の原因になりますのでご注意ください。


また、洗剤(漂白剤)や除菌剤には塩素系や酸性のものがありますので、
こちらは混ざると有毒ガスが発生する危険性がありますので、面倒でも別々に梱包して下さい。


ひげそりや歯ブラシは袋にまとめて入れ、化粧水や育毛剤などビン類であれば、調味料と同じように、梱包していってください。

祝600万件突破!引越しをラクしてお安く♪

1、現在住所  -  〒郵便番号検索
2、お引越先の都道府県
3、お引越タイプ

 

サイトマップ