引越し 靴 荷造り

引越しの時、靴の梱包はどうするの?

靴の梱包はいたって簡単です。

靴の上下向きを逆にして、ダンボールに詰めていくだけです。

靴の梱包は、上下の向きを逆にして、底面を合わせて詰めていきます。

汚れが気になる方は、セットにして新聞紙でくるんでおけば(下部参照)大丈夫です。


靴は詰め込んでも、大した重量にはならないので、出来るだけ大きめの段ボールに梱包しましょう。


靴に限らず、荷造りの基本は、隙間なく詰めていく事と、あまり深く考えない事が肝心です。


一段目を詰め終わったら、新聞紙や緩衝材(かんしょうざい)を一枚上に敷き、
2段目へと進めましょう。



段ボールは水気に弱いので、洗ってから詰める場合はしっかり拭いて下さい。



新聞紙で靴を梱包する場合は、参考までにして下さい。

新聞紙で靴を梱包する方法

ブーツもサンダルもスニーカーも、梱包方法は変わりません。
ワレモノ類も同様のやり方を応用できるので参考にして下さい。

食器類の荷造り方法


余談ですが、『アート引越センター』に作業を依頼する場合は、

上記のようにわざわざ段ボールに入れる必要のない、
オリジナルのシューズボックスを用意してもらえるので、確認してみましょう。

(そのまま靴を入れれる、簡単に作られたお手軽クツダナみたいなものです。)

引越しの梱包は段取り良く関連コンテンツ

引越し前のごみ処分は早めの行動を
引越しが決まり、梱包と同時にゴミ出しはマメにしていたのに、 気づいたら大量にたまってしまった。なん ..... >> 続きを読む

割れ物は要注意。
引越しの梱包で大変なのが、コップや皿などの、われもの食器類ですね。 面倒でも一つ一つ包み、直接 ..... >> 続きを読む

本や書籍の段ボールのサイズはどれぐらい?
本や書籍の荷造り方法は、平積み(縦ではなく横にして)で詰めて行きます。 大切な本を傷めない ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ