引越し時の水槽の運搬について

水槽自体よりも、中の生き物をどのように運ぶかの方が重要です。

大型の水槽と一緒に引越しをするときには、運搬するときに注意点がいくつかあります。


水槽を運搬するときには、そのまま運ぶことはできませんから、なかにいる生体や水などを取り除かなければいけません。


特に生体を別の場所に移すときには、重要な注意点があります。

生体は、ビニール袋に入れてしっかりと梱包をして、発泡スチロールなどの大きなケースに入れて引越しをしなければいけません。


生体にとって水が変わることは重大なことですから、ビニール袋に入れる水は水槽の中に入っていた水にしましょう。


また、水温の管理やエアレーションについても気を付ける必要があります。


短時間の引越しなら問題ありませんが、新しい住居まで長時間必要になる引越しなら、ビニール袋を入れたケースの中に夏なら氷冬ならカイロなどを入れて適切な水温を保てるようにしましょう。


エアレーションについては、簡易的な機械を購入して対応するようにします。

水槽本体の運搬は、表面に傷がつかないようにしっかりと梱包することが大切ですが、
水槽の梱包自体は引越し業者にお任せしておけば良いですが、

生き物は引越し業者が運んでくれないため、ご自分で運ぶか、専門の業者に依頼するしかありません。


次に、
引越し先での最も大切な注意点としては、生体を戻すときです。

水槽に入れる水は、普段の水を替えるときと同様に少しずつ新しい水に入れ替えていかなければいけません。

また、生体を戻した後もしっかりと観察をして、数日間は病気などにかかっていないか注意しておきましょう。


水を入れて生体を戻してしまうと、水槽を運搬することは難しくなってしまいますから、設置場所には気を付けなければいけません。


設置場所は、直射日光の当たらない場所が最も適しています。

適切な場所に強度のある水平な台を設置して、その上に置くようにしましょう。

スムーズに設置するためには、引越し前から設置場所を決めておく必要があります。

 

サイトマップ