引越し時の原状回復

原状回復はどこまで必要ですか?

原状回復というと、借りたときと同じ状態に戻すことと思っている人が多いと思いますが実はそうではありません。

 

 

賃貸物件に住む場合に支払う敷金は原状回復に当てられることになり、ほとんど戻ってこないということがかつてありましたが、

国土交通所がガイドラインを作り、原状回復とはどういうものなのか定義されました。

 

 

ガイドラインには、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、

賃借人の故意・過失、

善管注意義務違反、

その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること、

と定義されています。

 

 

すなわち、普通に暮らしていて劣化した、損耗したという場合は賃借人に原状回復義務はないのです。

 

 

 

例えば古くなって汚れた壁紙は賃貸者(貸主、大家さん)の負担となりますが、

手入れが悪い為に壁紙の張り替えを余儀なくされたと判断されれば賃借者(あなた)の負担となり、敷金が変換されないこととなります。

 

 

ただし原状回復が定義されたとはいえ、きっちりした線引きがあるわけではないため、

引越しの際にどちらが負担するのかトラブルになることが現在でも少なくありません。

 

 

 

家具を設置した際の設置跡や日照での畳の変色などは賃貸人が負担するべきものですが、

子供やペットがつけたキズ、食べ物や飲み物をこぼした際の汚れ、引越しの際のキズなどは賃借人が負担するものとして考えられます。

 

 

しかし一概に必ずそうなるというわけでもなく、基本的には双方の話し合いによりお互いに譲歩して決めるのが一般的です。

 

 

話し合いが上手くいかない場合、裁判となることもあるのです。

 

トラブルを回避するためには、契約時に入居時の状態を双方で確認しておく事が大切です。

 

 

不安な場合は入居前に写真に残しておくと良いでしょう。

また、契約書の中身も十分に確認しておくのをおすすめします。

 

契約内容はそれぞれに違いがあり、中には通常は負担の必要のないと思われる部屋のクリーニング代を、退去時に支払うような契約となっていることがあります

 

 

契約書にそのような記載がある場合は支払い義務が発生しますから、納得がいかないのであれば契約時に交渉が必要です。

 

サイトマップ