引越しでナンバープレートを変更

車検証の住所変更手続き方法


まず、ナンバープレートの変更は地名が変わる場合(練馬から品川など)のみです。

車を使用する場所、保管する場所の運輸局の管轄が変わるなど

変わらない場合は、車検証の変更のみを行いますが、


ナンバープレートを取り変える、取り変えない関係なく
引越しした場合は、運輸局で車検証の住所変更の手続きを踏まなければいけません。
(法律では引越し日から15日以内と定められています。)


その手続き方法ですが、


『自分で先に用意するもの』

・住民票

交付可能なコンビニも増えていますが、住基カードが必要です。
※かかるお金(300円)
有効期限は3ヶ月以内です。

・車庫証明(一番大変なもの)

車庫を管轄する警察署に向かい車庫証明を窓口でもらい、変更登録を行います。(行く回数:最低3回)
お住まいの地域によってインターネットによる書式一式がダウンロード可能な場合あり。(行く回数:最低2回)

書類を出したその日に認可が降りるわけではありません。担当の方が後日に現地調査に来て確認し、それからまたもらいに行かなければいけません。

車庫証明には車を保管する場所の地図の見取り図と地主さんや不動産屋さんの署名捺印が必要になります。
マンションや月極め駐車場の場合、不動産屋に依頼すると、上記の事を頼むだけで手数料が発生する場合もありますので、
そういった場合は、大家さんや管理人さんに署名捺印をお願いしてみましょう。


保管場所の見取り図は手書き、または地図の印刷を貼り付けて手書きで可能のようですが、詳しくは窓口で説明を受けてください。
※かかるお金(普通車:3000円以内、軽自動車500円)
車検証を変更するには、車庫証明の有効期限は発行されてから1か月以内と決まっています。


・委任状
所有者と使用者が異なる場合は委任状と捺印が必要です。
(所有者がディーラーやローン会社になっている場合など)

・印鑑
認印の際に必要になります。印鑑証明は必要ないので実印はいりません。


上記の書類が全てそろってから陸運局に向かいます。


『陸運局や陸運局の売店で用意するもの』

・申請書
※かかるお金(無料から数十円程度)

・手数料納付書
※かかるお金(500円)

・自動車税申告書
車検証を見ながら書いていくだけです。

書き方は見本が備え付けてありますのでそちらを参考にして下さい。

以上の書類を窓口に出して、小一時間ほど待ち、新しい車検証をもらって手続き終了です。


ナンバープレートを変更する場合は、新しいプレートに変えたら係員に声をかけ、後面プレートの左側を『封印』してもらえば手続き終了です。

※かかるお金プレート代2枚
ペイント式(1300円〜2000円)
字光式(5000円弱)

ドライバーはお借りできると思いますが、念のため持参しておいた方が安心です。

車検証が新しく変わったら、車の自賠責保険と任意保険の住所変更を行うため、各保険会社に連絡しておく事をお忘れないよう。

※料金には地域による差が御座います。

 

サイトマップ