引越し後の選挙権について

選挙権を得るためには、お役所に転出届と転入届を出すことだけで十分です。

選挙権には細かいルールがありまして、1人が2票投票ができてしまうというミスが発生しないようになっています。

特に国政選挙における比例代表制では政党へ投票ができますので、同一人物が2票分の権利を保有しているのは問題なのです。


それでは選挙前に引越しをした場合、旧住所と新住所のどちらの選挙権を持つことができるかというと、選挙の種類によって異なります。


まず基本的に年に4回選挙人名簿の登録が行われまして(あなたの名前を名簿に登録するという意味です)、選挙の基準日にこの登録が間に合っていれば、どのような選挙であっても問題なく投票できます。


3月と6月そして9月と12月の各2日に登録が行われるのですが、

転入届を提出してから3ヶ月以上その自治体に住んでいるという実績が必要となり、
その期間に何度も引越しを繰り返していると登録されない場合もあります。


衆議院議員選挙と参議院議員選挙の場合は、
引越しをしたとしても選挙権が失効されることはありません。



選挙人名簿の登録が間に合わなくても、これまで住んでいた自治体で不在者投票もしくは当日帰省をして投票をすることが可能です。


引越し先がかなり遠い場合は、手続きをすることで新居のある自治体で不在者投票をすることができます。


次に、地方選挙についてですが、基本的には転出届を提出した時点でこれまで住んでいた自治体における選挙の選挙権は失います。


ただし、同一都道府県内や同一市町村内での引っ越しの場合は、そのまま選挙権を有しているので投票が認められています。


引越しの際に必要な手続きとしては、住民票を移動させるために旧居住地の役所へ転出届を提出し、新居住地の役所へ転入届を提出することによって、時期がくれば自動的に選挙人名簿に登録をしてもらうことができます。

 

サイトマップ