引越し 下見

引越し先を良く調べることで、荷物の搬入は手際よく終わります。


引越しの下調べをしなかったせいで、
荷物の搬入に思ったより時間がかかった!

これだけならまだ良くて、

引越し代金に追加料金が発生した!なんて事になったら大変です。


引越し先を事前に調べることは、
ご自分で引越しをされる方はもちろん、
業者に頼まれる方も、荷物の搬入を手際よく終わらせるために、大切な事です。



まずは、
引越し先の間取り図をコピーでも手書きでも良いので用意し、
コンセントの位置の場所や家具を配置する場所のサイズを測りながら書き込むことで、
引越し搬入時にはどこに荷物を置くのか?の目安も出来ますし
また、作業される方にコピーを渡しておくことで指示を出す手間を省けます。



もう一つは、引越し先の道路幅を測っておくことが重要です。

例えば、
家の前が大通りであれば、車を路駐させておくことは難しいですし、道幅が狭くても車を別の場所に止めておく必要があります。

そういった場合には、車を止めれるところを調べ、そこから台車で運ぶ、または、作業員を増やす、車を軽トラに変え往復するなど対策が必要になってきます。


もし、引越しを業者に頼まれる方は、見積もり時に来られた営業マンに尋ねられなかった場合でも、直接料金に関わってくる事なので、車が止めれない場合には、最低限お伝えしておく必要があります。


引越し先がアパートやマンションの場合でも、
エレベーターが付いているかだけでなく、大型家具の搬入時にも利用できるのか?などの、縦横幅のサイズを図っておくことも大切です。


>>引越し代金をこんな方法で安くした?ある芸人さんのお話

 

サイトマップ