転出届 手続き

転出届のあれこれ



転出届けとは、あなたがどこどこの市区町村から引越してきましたという転出証明書を発行してもらう手続きで、引越し先で転入届を出すときに必要となる書類です。

引越し先が、異なる市区町村になる場合に必要となる手続きです。

また、転出届の手続き可能期間は引越しの2週間前からです。

お役所に直接出向く場合に必要なものは、
印鑑と本人確認書類(運転免許証やパスポートなど保険証など)です。


届け出をする人は、本人または世帯主で、それ以外の場合は代理人となり、委任状が必要となります。


同時に済ませたい手続き


国民健康保険
 国民健康保険に加入している場合は保険証を返さないといけません。(世帯の一部の方だけが引越しをする場合はその方の名前を削除する手続きが必要です。)

後期高齢者医療被保険者証(保険者のみ)

介護保険被保険者証(被保険者のみ)





子ども手当(受けている方のみ)
 転出予定日から15日以内に手続きをし、次の市町村への連絡票を受け取り、申請しなければいけません。

児童扶養手当(対象者のみ)
 新居先では制度がない市区町村もあるため、お問い合わせしてください。

小・中学校に在学中のお子さんがいる場合は、在学中の学校から教科書無償給与証明書と在学証明書をもらい受け、転校先の市・区役所で手続きをしないといけないようです。



市営住宅に住まれていた方
 転出先・転入先で違いがあるため、お問い合わせしてください。

医療費助成(対象者のみ)
 新居先では制度がない市区町村もあるため、お問い合わせしてください。

印鑑登録 (印鑑登録者のみ)
 登録をしている場合、転出日以降(予定)、抹消されるので、証明書の発行が出来ません。希望する場合は新住所で新たに手続きしなければいけない。




郵送でも届け出が出来る

転出届を郵送で行う事ができ、窓口に行くのは転入時一回だけで済むのが付記転出届です。
ただし、住民基本台帳カードをお持ちの方のみで、転入届時に住民基本台帳カードが必要です。



急なお引越しなど、訳あって転出届を出し遅れた場合は、元市区町村役場に転出証明書を送付してもらわなけばいけません。

申請する書類は、A4程度のコピー用紙に書いても問題は無いようです。

・申請者 
郵便番号・住所・届出人本人氏名と押印(スタンプ×)・連絡の取れる電話番号

・転出した日
新しい住所に住み始めた日

・新住所と旧住所
新しい住所と世帯主名・前に住んでいた住所と世帯主名

・本籍
本籍と筆頭者名

・異動者名
新住所に異動した全員の氏名。


を明記した書類と下記の3点
・返信用封筒(80円切手の貼ったもの)
・宛先(返送先の住所・氏名を記入)
・本人確認の出来る書類のコピー(パスポート、運転免許証など写真入り)、

を、封筒に入れ、切手を貼り付け、引越し前の市区役所にお送りすればいいようです。

※引越し前の市区町村ホームページに書式や必要事項が記載されていると思いますので、必ずご確認ください。

届け出が中止になった場合は?

転出届を出した後に、引越しが中止になった場合は、『転出取り消しの届け出』をしなければいけません。また、付記転出届の場合も同様です。
取り消しをしなければ住民票が回復しないため、住所不定つまり住所が無いなんてことになります。
また、印鑑登録は回復しないため、必要な場合は新たに登録しなおさなければいけません。


記載している情報には間違いのないよう、最善を尽くしておりますが、2度手間とならぬよう、転出先・転入先地域のお役所に確認してみてください。


引越しの準備はこれで完璧関連コンテンツ

引越しで忘れがちな車庫証明の取得
車を置くのが敷地外の契約駐車場なら、契約のときにいろんな不動産会社から書類を求められます。 そ ..... >> 続きを読む

住民税は住民票の記載を元に送られてきます。
年の途中で引越しをした時、税金や手続きに関してどうすればよいのか悩む人も少なくありません。  ..... >> 続きを読む

転入届のあれこれ
転入届とは、新しい住所に引越してきた際に市・区役所に届け出なければいけない手続きで、期間は新 ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ