引越し 転入届

転入届のあれこれ



転入届とは、新しい住所に引越してきた際に市・区役所に届け出なければいけない手続きで、期間は新住所に住み始めてから14日以内となっています。

引越し元と引越し先が、異なる市区町村の場合にだけ必要となる手続きです。

また、仕事が忙しくて行けなかった等の理由で、この期間に届け出なければ、場合によっては過料が取られる事があるかもしれませんのでお忘れにならないでください。

届け出の際に必要なものは、以前に住んでいた市区町村で発行してもらった転出証明書・印鑑・本人確認書類です。


同時に済ませたい手続き


国民年金(加入者)
厚生年金の方は別ですが、国民年金の方は14日以内の住所変更手続きが必要です。また、国民年金手帳と印鑑がひつようになります。

国民健康保険(加入する方のみ)
 必要なものは印鑑・本人確認書類です。

後期高齢者医療被保険者証(保険者のみ)
 必要なものは印鑑・本人確認書類です。

介護保険被保険者証(被保険者のみ)
 必要なものは印鑑、受給資格証明書です。




子ども手当(受けている方のみ)
 認定請求の手続きをしなければいけなく、必要なものは印鑑、請求する方の健康保険証、請求する方名義の普通預金通帳です。また転出先・転入先で違いがあるため、お問い合わせしてください。

児童扶養手当(対象者のみ)
 新居先では制度がない市区町村もあるため、お問い合わせしてください。

小・中学校に在学中のお子さんがいる場合は、引越し前に在学していた学校から、もらい受けた教科書無償給与証明書と在学証明書をお持ちになり、転校先の市・区役所で手続きをしてください。




市営住宅に住まれていた方
 転出先・転入先で違いがあるため、お問い合わせしてください。

医療費助成(対象者のみ)
 新居先では制度がない市区町村もあるため、お問い合わせしてください。

印鑑登録 (印鑑登録者のみ)
 引越し先で転出届を出した後に、登録が抹消されるので、希望する場合は新住所で新たに手続きしなければいけません。


転入届は市外から市内へ、区外から区内へと都道府県によって違いありますので、必ず引越し先の区・市役所で確認をして頂くようお願いします。


引越し代が高いので、ある芸人さんは、こうして安く済ませました。


 

サイトマップ